「サケ先獲」、「都農町ふるさと納税 取り消し」

日記・コラム・つぶやき
この記事は約2分で読めます。

 今日は、ヤフーニュースから、2件です。

「先獲」≒「オヤジ理論」

 ヤフーニュースからです。

 北海道の東回りが不漁だった、昨年(2021年)のサケ漁。

 オヤジの推論は、まんざらでもなかったようです。記事によると10年も前から、ロシアの「先獲」このような話はあったようです。

秋サケ不漁 国後・択捉でロシア側「先獲り」か さけます水試が言及(北海道新聞) - Yahoo!ニュース
 近年の秋サケ不漁の原因について、道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場(恵庭)が、北海道沿岸に戻る前に北方領土の択捉島や国後島の定置網でロシア側の漁業者が混獲している可能性に言及した。道東の漁

yahooニュース「北海道新聞(2022.1.14)」

 このような声が公に上がることは、サケを愛するオヤジにとっては、ありがたいことです。声がどんどん大きくなり、ロシアとの漁業交渉が適正に進められることを願うばかりです。

 水温から想定される2021年秋サケ来遊経路

  この記事のこの部分には、驚きました。まだまだ、知らないことがありますね。

 水温で、サケの来遊経路が変化するのでしょうか?

 温水塊を避けるのは理解できますが、国後島、択捉島まで、折り返してバックするとは、ビックリです。

 オヤジは、択捉島の北側で、択捉島・国後島の両側(東岸、左岸)に分かれて、母川に帰って来ると思ってました。

 こんなに大きく迂回して回帰、う~ん、鮭の強靭な体力、オヤジには、理解不能(オヤジなら、ちょっと避けて、近道するなぁ)。

 いずれにしても、鮭が少しでも多く帰って来てくれることを、祈るばかりです。

 都農町 ふるさと納税の指定取り消し

 これもヤフーニュースの記事関連ですが、都農町がふるさと納税の指定自治体から、取り消されるとのこと。

 色々あって、遅れて年末に届いた都農町のお肉(ステーキ&ハンバーグ)、美味しかったです。

(詳細は、こちらです。秋サケ旬報(12月上旬) & どうした都農町 ふるさと納税 – 釣り下手おやじ奮闘記 (turibetaoyazi.com) )

 

 ホントに、美味しかったです。

 ニュースの記事によると、今月(2022年1月)18日付で対象団体を取り消されるということなので、それまでの納税とかは、有効なんでしょうね?

 無理のない制度を設定してもらい、早目の復帰をお願いします。

ふるさと納税5位 都農町を除外 - Yahoo!ニュース
宮崎県都農町が、ふるさと納税で国の基準を大幅に超える経費で返礼品の牛肉を調達していた問題を受け、総務省は、都農町に対するふるさと納税の対象団体の指定を取り消すことを発表。取り消し期間は2年程度とみられる。
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

コメント

  1. O氏 より:

    やはり鮭の不調はロシアの仕業だったんですね

    • turiberaoyazi turiberaoyazi より:

      たぶん、そんな気がしています。
      マラソンのペースメーカーみたいな鮭(ロボット)を作って、回帰する経路を変更誘導できると良いのですが、さすがにそんな時代は、直ぐには来ないでしょうね。
      出来たらみんな胆振へ誘導だね★☆☆★

  2. O氏 より:

    なるほど!

タイトルとURLをコピーしました