カタクチイワシ ≧ 400円/匹  

釣り
この記事は約6分で読めます。

2週連続でレンタカーを借りて、釣行してきました。

結果は、さんざん。

釣行概要

 1 その1(5月20日~21日 千葉某所)

 先週金曜日(5月20日)は、千葉の某所へ出漁。周囲には10人前後の釣り人が。

 夕方から実釣を始めましたが、なんの反応もなく、ただ時間が過ぎていきます。日付が変わる頃には、1人、また1人と、釣り人も減り、とうとう我慢しきれず、午前2時頃撤収。

 レンタカーを借りての出漁は出費が大きく、釣果無しは、メンタルへのダメージも大きいです。帰りは一般道で経費節約と行きたいところですが、疲労感から早く帰宅したくて高速道路へ。

 ナビに従っていたつもりが、何処で間違えたか、全く知らない出口で一般道に降ろされました。ナビも、道を間違えた時に、「経路が変更されました。」くらい言ってくれば良いのに、最近の新しい機種でしょうか、一瞬で新しい経路へ再計算して表示しまうものだから、間違った意識もなく、気がついた時には日本橋周辺の一般道でした。深夜の車の少ない時間帯で良かった。田舎者のオヤジには、日中には運転できないエリアです。

 スッタモンダしながら、なんとかアパートの近くのコインパーキングに駐車。駅の近くだから高額なんです。2300~0700までは、一律500円。0700以降は、200円/20分。

 「レンタカー屋さんの開店が0800だから、0700までに出庫して、ガソリンスタンドで給油してから、どこかで時間つぶしだな~」と眠い頭で考えながら、帰宅。

 0630まで1時間以上は寝れるなと思いつつ、横になりました。疲れていたのか、0630のアラームの音が聞こえず、何かの物音で目が覚めました。慌てて着替えてコインパーキングへ。車に当てられた傷などが無いかをチエックして、直ぐに出庫。1900円也。1400円分も寝坊してしまいました。

 レンタカー代、ガソリン代、高速道路代 + 餌代や飲食費で約15000円の釣行です。

 釣行の楽しみは、お金には換算できませんが、それでも痛いボーズの釣行でした。

2 その2(5月27日~28日 横須賀 海辺釣り公園)

 この週末は、天候が荒れると言われていましたが、金曜日のお昼休みにネットで見ると、午後には回復し、夜には風も収まるとの予報になっていました。

 レンタカー屋さんの空き状況を調べると、当日なのに空車もそれなりにありました。早速予約し、2週連続で釣行することに決定。

 行先は釣具屋さんのHPで最近の釣果をググってみると、『川崎市の東扇島西公園でタコが若干』、『横須賀市の海辺釣り公園でカタクチイワシを狙った太刀魚か大サバが時々』どちらも爆釣と言うほどではないものの、なんとか釣れそうです。

 こちらは、釣具屋さんが近く(or公園内)に有ります。餌や道具を忘れた時に便利なので、準備が不十分な今回のような急遽釣行には便利です。

 太刀魚の仕掛けも残っていることから、横須賀市の海辺釣り公園へ行くことにしました。

 途中、近くの上州屋さんへ寄って、2000頃に到着。結構釣り場は、埋まっていました。家族連れが帰られた場所がタイミングよく空いたので、釣座セット。

 いつものようにフェンスの柵に、自作木製台を巻き付け受二郎をセット。これにトリックサビキ竿を2本(サビキは、3号、7号)。

 太刀魚用の竿を準備しながらサビキを垂らしておくと、針の小さい(3号)竿の穂先がピクピク。予想通りにカタクチイワシがポツポツ釣れます。

 釣れたカタクチイワシが10匹ほど溜り、太刀魚用のウキ竿も準備ができたので、サビキ竿1本(7号針)を撤収し、太刀魚仕掛けを投入。

 ウキ釣りは、凝視しておかなければならないのが、難点ですね。ウキが消し込む時のドキドキも、良いものですが、最近は鈴や向こう合わせに頼った釣りが馴染んできました。

 そうこうしているうちに、隣のおじいさんのウキが右往左往し始めました。「その動き、『サバ』ですな。」

 お祭りにならないうちに、取り込んでくださいネ~。(心の声)

 丸々と肥った40cmくらいのサバでした。なかなかのサイズなので、シメサバにしたら、美味しいかな?オヤジにも来ないかな?

 話してみると、おじいさんはサバを専用で狙っているようです。仕掛けは、アミ(撒き餌)を入れたロケット籠の下50~60cmに、オキアミをつけた1本針が付いていました。この仕掛けが、こちらのスタンダードでしょうか?

 オヤジの竿は、カタクチイワシと時々小サバが穂先を揺らす程度です。釣れたサイズの小サバは、調理が面倒なので、リリースしました。

 しばらくすると、サビキ竿の穂先がこれまでのピクピクではなく、ガクンと海面に突っ込みました。なんだろう?小さい針の仕掛けは幹糸も細いから、切れてしまうかな?と思いつつも巻き上げるとあっさり上がってきました。

 30cm弱のコノシロでした。数匹釣れたら、酢で〆て食べようと思い、一旦水汲みバケツへ。しかし、5分.・・・、10分と経過しましたが、後が続きません。普通、群れで泳いでいるんですがね~??

 どうしたの?コノシロ君達。水汲みバケツの中のコノシロ1号も、口をパクパクさせ始めたので、リリースすることにしました。1匹だけ酢漬けにすると、お酢がもったいないですから、・・・(私の調理力が未熟なためのリリースです。)

 一方、太刀応用のウキ竿はと言うと、潮で流されて隣の方の前までウキが流れた時に、巻き戻して餌をチェックするのですが、時々、仕掛けの糸ごと切れてなくなっています。

 ウキの動きでは、当たりが全くわかりません。ただ、私が下手なだけかもしれませんが、『知らないうちに仕掛けの糸が嚙み切られている。』そんな感じで、3つの仕掛けを失いました。

 ラインにアルミがコーテイングしてある仕掛けは、今回持ってなかったんです。残念(涙)

 途中、雷が鳴りはじめたので、1時間ほど車に退避&仮眠。雷が収まったので、釣りを再開するも、釣れるのはカタクチイワシと小サバだけ。

 夜が明け、釣り人が増え混み始めたことと、撒き餌もなくなったので、ルアーを20~30投し、なんの反応もなかったので、撤収することにしました。

 釣り公園を出発したのが、0730頃。通常ですと、2時間弱の道中ですが、今日は、渋滞が散発。こんな時、トイレが困るんですよね~。

 東京の車両移動に、携帯トイレは必須ですね。

 持ち帰った釣果は、結局餌用に釣ったカタクチイワシだけです。

 途中からジプロックに詰めてクーラーバックスに押し込んでいたもので、曲がったカタクチイワシもいます。

 これだけを唐揚げにするとサラダ油がもったいないので、近所の西友で買ったイワシ(58円/匹)も天ぷらにしてみました。

 西友へはカツオが豊漁らしいので、秋の鮭釣り餌用に皮つきカツオが置いてないか確認に行ったのですが、置いてなかったです。

 と言うことで、今回も高価な釣行(カタクチイワシ400円超/匹)でした。

 次回は、電車で川崎へタコ釣りに行こうかな~。

映画「トップガン」 良かった~(涙)

 ほぼ徹夜の釣行後、帰宅し、後片付け、仮眠2時間で、封切後2日目のトップガン(マーベリック)を見に行きました。

 【ネタばれ】しないよう、内容は書きませんが、前作を見たのが大学4年の時。高校3年生の時に見た『愛と青春の旅立ち』と相まって、カッコいい米軍人に少し憧れていたのかもしれません。

 あれから30年以上が過ぎたのですね。感慨深いです。

 夕方の時間に鑑賞したのですが、館内はほぼ満員。懐かしさと感動で、最後には少し涙も出てしまいました。

 エンドロール中、オヤジと似たような人がおられるのか、鼻をすする音も聞こえました。

 前作を見ていない若い人達には、どんな風に感じるのでしょうか?

 館内が明るくなり、周りを見渡すと、ほぼ中高年。若者と言える(見える?)方は全体の1割もいない。・・・・

 そうか、そうですよね。

 良い映画だと思うんですが・・・ 

 どんな時代になっても、無くしてはいけないものがあるということを、思い出させてくれるエンターテイメントでした。

Amazon.co.jp: トップガン(吹替版)を観る | Prime Video
海軍エリート・パイロット養成学校のナンバーワン、マーヴェリックの栄光と挫折、そして恋を描いて空前の大ヒットを記録したトム・クルーズの出世作。
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました